埼玉県に住んでいる29歳です。

埼玉県は熊谷市に住んでいるその子は、レストランの調理員をしている24歳みさき(仮名)。肌が白くて幼く見えるロリ顔系の人。背は150cm後半位で茶色のセミロング、可愛らしいフェミニンカジュアルなファッションが特徴的でGカップ巨乳の持ち主でした。

 

知り合ったのは出会い系。忙しい時間でも手っ取り早くセフレが作れて便利極まりないのが特徴的です。

 

そんな中、出会い系で知り合ったのがみさきでした。ふんわりとした可愛らしい服装を着ていて、どちらかと言うとロリ顔系の系統かなぁと思いました。こういうふんわりした見た目の子って、意外と押せばいけるタイプだよな思い、すぐさまやり取りにこぎつけました。

 

みさきのメッセージは比較的感じは良く、顔文字や絵文字もマメに使っており文面からしてもかわいい印象が強かったです。自分のキャラを把握しているからなのか?何てことはあまり深く追求しませんでした。

 

ただ一つ気になったのが、アニメや漫画がかなり好きでよく池袋に行くということでした。池袋と言えば確か女子オタクの聖地と呼ばれている場所。もしかしてオタク女子なのかな?なんてことも想像しておりました。

お酒は物凄く飲むタイプではないものの好きであるということで、とりあえず気軽に居酒屋デートが無難だなと思い、「飲みに行こう」という定型文めいた内容を送ると彼女は「いいですよ(*^_^*)」とOKの返事。

 

時々いるのだが、「初めましての1回目に避けた方がいい、1回目のデートはカフェかランチだ!」というかなり硬派な男性がいるのだが、そんな行儀よくカッチリしたやり方だとすぐ他の男に取られてしまう上に、余程会話上手か素敵な店に連れていけるのでなければ何の印象も与えられないで別のライバル(男)に取られてしまう気がするが…と、思ってしまうのだが。と、勝手にぼやいてみました(笑)

 

初めて出会ったのが6月上旬で、集合場所は、埼玉県の大宮駅です。

待ち合わせ時間は18時、デート場所は居酒屋チェーン。

敷居が高くなく、最初に会う人であったらこの位で丁度良いものです。さて、出会って写真と違ったら嫌だな…何て思っていたら、そんなことは無かったです。

 

それよりも、何かオッパイでかくない!?!?ハイウエストのデニムスカートに白のブラウスを着ていたのですが、見た目云々よりでかい胸が異様に気になっていました。想像以上に当たりじゃないかと思ってしまったのです(笑)そもそも出会い系で胸の大きさを自己申告しないですからね。

こちらから聞いてもいいのですが、比較的チャラチャラしている男OKな子なら可能ですが、そうじゃないと聞きにくいものです。

 

居酒屋の席に着いても、気になるのは見た目よりも胸。「オッパイ何カップあるんですか?」なんて聞けないので、ここは邪念を払います(笑)

みさきはお酒が苦手と言っておきながら、一杯目はビールを頼んで美味しそうに飲んでいました。「お酒いけるクチなんだ!」と聞いてみたら、「これ、いける内に入りますか?」と。

 

飲めると言っていてもあまり飲めない子もいたり、逆にそんなに飲めないと言っていても飲めたりす子もいたりで、ホント分からないものだなと思いました。まぁ飲めるのであれば、「2杯目飲んだら3杯目は赤ワインでも頼んじゃいましょうか!」と言ったら、これもいけるクチでした。ここはある意味チャンスではありました。

 

…というのは単純な話、酔えば酔う程そういう流れに持っていきやすいからです

 

ふと雑談中に漫画やアニメが異様に好きなことを話したら、やはりオタクでそれを隠していたとのことでした。隠す必要は決してないと思うのだが…と思ったのは、今セフレ掲示板や出会い系には堂々と「うつ病です」「ニートです」「性同一性障害です」「双極性障害です」などと言ったプロフィールを見かける上に、オタクを許容されている昨今恥じるものではないとは言いたいのですが、コンプレックスや恥ずかしい部分は人それぞれですからね、あえて触れずにいきました。

 

ワインを開け2杯3杯と飲んでいき、テンションも段々と上がっていきました。しかし、イマイチ色恋の艶っぽい感じにならない。元カノの話や恋愛感など、色々話をしてきたのですが、どうも盛り上がったり感情が出てきたりというものは無かったのです。

 

そこで私は、彼女の隣に座り、スキンシップを図ろうと思いました。大体の居酒屋の席は対面式になっているのでどうしても距離感が出てしまいます。そこで、やや強引さはありますが隣に座れば距離感も近くなり、スキンシップやうまいこと異性としての印象付けをすることができるのです。

 

もちろん相手との呼吸を読み合わなければならないので、相手が頑なに嫌がるのであれば止めた方がいいです。隣に座ろうとしたら、そこそこの拒否反応が出ました。そこそこでしたら多少強引に隣に座っても良いかと思い、やや無理な感じで座りました。

 

隣に座って恥ずかしいのかホントに嫌なのかは分かりませんが、拒否反応はありましたが印象付けにはなったかなと思いました。

結論を言うと、どうやら周りに人がいるのが嫌だったみたいです。

 

その後、居酒屋を出たもののそんな色っぽい雰囲気にならず、終電があるからという定石めいた断り台詞を言われてこの場を去りました。ただ、決して悪い感触では無かったので、次にデートの約束をしました。

 

2回目のデートは6月中旬で、集合場所と時間は池袋駅に午前11時です。女子オタクの聖地でアニメイト…ではなく、サンシャイン水族館へ行くことになりました。

2回目に会っても気になるその胸の膨らみ(笑)水族館となると大体お互いの距離が近づいて観るので、比較的自然にくっついて観ることができます。しかも彼女は胸がとにかくでかいので自然と胸が当たるのでした。

でっかいおっぱいが肘や腕に当たって意識がそっちに集中してしまい、何を観たか半分位忘れてしまいました。学生か(笑)

水族館も終わり、昼食を済ませ、時刻は午後2時です。オタクであるみさきはそっちの方向に興味があるのかなと思っていたのですが、特にそういう反応は無かったのでした。

 

久しぶりにカラオケに行きたいとの要望があったので、私もそういえば最近行っていないなと思い、カラオケに行きました。

カラオケは個室で比較的暗い部屋が多いのが特徴的です。まぁ、何かやらかしたくなる気持ちになります。また今回カラオケの部屋は比較的狭いところに案内され、ある意味強引さがあればいける範囲ではないかなと踏みました。

 

でも、せっかくカラオケに行ったのでとりあえず2曲ほど交互に歌いました。その後はこちらからスキンシップ。「えっ!?歌いなよ!」なんて言われたものの、こっちはこの場所でも狩る気マンマンです。

 

肌や頭を触ったりして、軽い抵抗はありつつも徐々に近づけていきます。いきなり胸にいきたい欲求はとりあえず置いといて(笑)そこから緩急をつけて一気にキスをします。

抵抗しながらも受け入れているので、そこからは畳み掛けます。キスをしながらでっかい胸を鷲掴みしました。「やっべ、マジででかい!!」なんて思いながら胸を触り続けました。

もちろん抵抗はされますが、ここまで来たらもう止まらないです。いたるところを触り、お互いにもうとろけていました。

 

一番ガードが固かったアソコの部分もゴリ押しで触ることができ、そこからは向こうはとろけっぱなしです。「挿入しよう」と言うものの、「ここじゃヤダ…」と言ってくるので、そしたら別の場所(ホテル)はどうなのか?ということを聞いたら「それならいい」ということでOKを頂きました。

もうやる気マンマンだったので、早速カラオケを後にしました。

 

時間は午後4時程。池袋はすぐにラブホがあるので見つけやすくてありがたいです。

カラオケを出てちょっと歩いたところに見つけました。

ご休憩でチェックインして部屋に入り、部屋についてから早速プレイスタートです。さっきとはうってかわって抵抗は無し。こちらも攻め込みます。

先程とは違って濃厚なキス、そうなるとやはり胸を鷲掴み。

 

「胸のカップいくつあるの?」という絶対聞きたい質問に、男から散々聞かれてきたのでしょう「えー…Gだよ…」という何だか「またか」という反応。そりゃそうでしょ、おっぱいでかけりゃ気になるでしょと思う前に、G!?とんでもないなその巨乳は!!そりゃ手に収まらない訳だとしみじみと納得した後に、そのままプレイ続行です。

 

服を脱がすと、胸が大きいせいかあまり可愛い感じの下着ではないものの、とてつもない巨乳を目の当たりにさらに興奮。ブラの上から胸を出して再度鷲掴みしました。

 

いやはやでっかい、これだけでっかいとパイズリもできるだろうということで要求してみたら、却下されました。まぁいい、後から要求すればいいことだ。まずはあちらこちらと舐めたり触ろうじゃないかという考えでした。こちらの反応は上々です。

胸がでかくて反応がでかくてロリ顔系で、万々歳です。その後は手マンフェラと続き、早速挿入へ。

 

ギンギンの中に入っていくチンポ。彼女の反応もさらに良くなり、いい感じです。

 

腰を動かす度に揺れる胸がたまらないです。騎乗位をするとまたユッサユッサ揺れるのがよりいいんです。

 

その光景を見ていて興奮度が上がったせいか、イッてしまいました。その後は興奮の流れで第2開戦。

さっきはできなかったパイズリもしてくれて、さらに満足でした。

 

 

それからは、こちらのタイミングで会い、お互いの中間地点のラブホでセックス三昧です。

巨乳のセフレに大満足な私でした。

 

 

改めて今回うまくいったのは、

「暗い部屋の個室に入れた」

「強引さが吉と出た」

でした。

 

イマイチ盛り上がりにかけたものの、状況状況を見極めて攻めると案外うまくいったりするものです。

なので、「ここはいけるだろう」という状況を把握し、攻める姿勢を忘れずにいけたのが良かったのかと思います。もちろん頑なに拒否反応が出るのであれば引くことも大事です。

千葉県に住んでいる24歳です。

埼玉県は越谷市に住んでいるその子は、21歳の大学生みな(仮名)。薄化粧の似合う白い肌と薄い顔が特徴的な子。背は150中盤で軽い茶色でウェーブがかったセミロング、ナチュラルガーリー・カジュアルファッションで明るく愛嬌があって礼儀正しい人でした。

 

知り合ったのは出会い系。セフレ掲示板です。
https://kyonfet.com/keiziban/

これに慣れてしまうと女の子と遊ぶ時間と体が足りないよ!と言いたいのですが、セフレ掲示板をやっている友達はもっと足りないみたいでした(笑)

 

そんな中で出会ったのが、みなです。正直写真は分かりにくかったものの、21歳という若さと大学生が魅力的で看護学部専攻というだけでテンション上がっていました。

しかし、大学生というだけあってリスクでもあり、競争倍率が非常に高いことでもあってかメッセージが続くかどうか。しかし何事もやってみなければ始まらない、メッセージをスタートさせました。

 

意外にもメッセージは感じが良く、やり取りもスムーズでした。真面目なやり取りがより好感度が高まります。

どうやら友達の紹介で始めたらしく、勇気を出してやり取りしたとのことで。何だか私の昔を思い出すかのようなセリフが初々しくていいなぁ…と思いました。

 

それとなく大学生活やら雑談やらメッセージでやり取りしていて「看護学部って女子ばっかりでしょ?こういう出会い系使わないと彼氏とか男友達作れないもんね!」なんてメッセージを送ったら、

「すみません、彼氏いるんです!」と。

 

ええー!!彼氏いるんですか!?

 

彼氏持ちなのに出会い系やっている女の子、たまにいるんです。基本的に彼氏いるのに出会い系やっている子は遊び人か、単に男好きか、ただメッセージしたいだけの子かです。

 

だから、通常こういう流れになったのなら身を引いた方がいいですし、時間とお金の無駄という訳です。もちろんセフレ目的なので、彼氏がいようといないと関係無いのですが、大学生というのもあってかリスクが高すぎます。

 

でも、どうもシャクだったので「彼氏いるのに出会い系なんて、彼氏さんと上手くいっていないんですかねー?」と、これで最後の文章にしようと諦めていた時に「実は、それもあって始めたんです…」と、返信がきました。

 

今までダメと思っていた出会いに可能性が出てきたので、彼氏さんの話をそれとなく突っ込んで聞いてみました。

どうやら高校生の終わり頃から付き合ってかれこれ3年になり、このまま付き合っていたら刺激も無く終わってしまうのではないか、という悩みがありました。そのことをそこそこ遊び慣れている友達に聞いたら「彼氏には内緒で色んな人と出会ってみたら」とのことで、この出会い系を紹介されたみたいでした。

 

ここでずるずるメッセージするよりも直接会った方がより細かく話が聞ける(…というか、会ってヤリたい(笑))ので「とりあえず飲もう!飲んで話した方が話しやすいよ!折角メッセージのやり取りもしてる訳だし、俺と会ってみよう!ちゃんと話聞くよ!」と、飲みの誘いをしました。

 

「ありがとうございます!お酒はあまり飲めないですけど、居酒屋大丈夫ですよ!!」と、返信が来たので日にちを決めて早速会うことにしました。

 

みなと会ったのは肌寒い11月の中旬で、集合場所は埼玉県の南越谷駅です。

待ち合わせは19時、デート場所は半個室のあるイタリアンバル。ドタキャンの可能性も予想していたのですが、ちゃんと時間通りに来てくれました。

写真ではあまりハッキリと分からなかったのですが、白い肌に細い目をして、軽い茶色でウェーブがかったセミロング。服装はショート丈のキャメル色のダッフルコートに黒のニットワンピに黒のレギンスを履いて、ナチュラルカジュアルで、素朴な女の子という感じでした。

こういう出会い方が初めてというのもあってか、かなり緊張していました。

 

個室席に着いてまずは乾杯しました。

とりあえず始めは雑談をしているものの、喋ってみてよく分かったのですが、見た目とは裏腹に明るく愛嬌も良く、丁寧で礼儀正しくて謙虚で、差別的な発言もせずトゲも無い社交的なタイプ、これは地味にモテるタイプではなるなと感じました。

 

一通り会話をして緊張もほぐれ、それとなく彼氏との今の状況を聞いてみました。

「彼氏とうまくいってないの?」「いえ、うまくいってないと言えばそんなことないんですが…でも、彼と一緒にいてどうも最近欠点が目について」。ありがちな話ではあるが、まずは今の不満を吐き出してあげる事に専念した。

 

話を親身に聞いて、心に寄り添う(フリでも構わない)、助言やアドバイスはあらかた吐き出し終わってから。これがあるなしで相手の心理的距離も近づくし許してくれやすいのです。

 

そうなると、より彼女のテリトリーに踏み込みやすくなるのです。この心理状況を利用しない訳にはいかない。

そうなると、さっきまで明るく振る舞っていた彼女も段々と沈んできている。こういう明るく愛嬌良くし丁寧な子に限って、根っこの部分は意外と暗かったり甘えたかったりするものだ。

 

席が対面式なので、隣に座って話を聞くことにしました。こういう時に半個室は便利であります。完全個室はやや警戒されがちだが、普通のタイプだと隣に座った時に恥じらいが出ます。しかし、半個室なら周りに見られる心配は軽減され死角を狙えばイチャつくことだってできます。

こう心理的に弱っているときにさらにプライバシーが保たれればより一層チャンスなのです。若いうちはは多少強引な人の方がいい。

 

彼女の背中から手を伸ばして彼女の肩を掴み、私の方に顔をくっつけさせました。恥じらいや少し抵抗があったものの、そのままくっついた状態になりました。安心させ、心理的に寄り添う。そこに言葉はいりません。

少し時間をかけてから、今度は彼女の頭を撫でました。意外と抵抗が無い。間をおいてから、彼女にこっちを振り向かせ、ふいにキスをしました。「え!?」と、当然驚き下を向く彼女。意識付けは完了しました。ここからはいける範囲まで攻め落とします。

 

「何で下向くの?」「いや、初対面なのにダメですよ…。」模範解答のようなセリフが来ました(笑)ひたすら言葉で攻めます。「初対面じゃなかったら良かった?」「そういうことじゃなくて!」「だったら俺とキスしたくなかった?」「………。」黙ってしまいました。ここは強引に行きます。

彼女がこちらを見てくれないので、肩を掴んで振り向かせます。彼女は横にブンブン振ってそれはダメだとアピールし抵抗していましたが、顔を近づけたら意外とキスまでいけてしまいました(笑)

「ここじゃダメです!」と言う彼女に、「じゃあどこなら大丈夫なの?」と言うと「そういうことじゃ…」と濁す彼女。とりあえず会計を済ませて、外に出ることにしました。

 

一度キスをしてしまったら、手を繋ぐのも意識しません。問題はやれるかどうか。

時刻は21時、まだまだ時間はある。さりげなくラブホの方まで歩いてみました。実はここ南越谷駅はどうやラブホが一か所しかなく、色んなカケも含めてさりげなく歩いてみました。道中「どこなら大丈夫なの?」と冗談交じりで喋っていたが「もうその話やめましょう!」と恥ずかしがる彼女。若くて不慣れな子は初々しくて良いなぁ…と思いました。

 

ラブホを見つけ、何気なく入ってみようとしたら、「え?え?」と焦る彼女。

「ここなら誰も見られないから大丈夫だよ~」とふわっとした発言で対応。

「いや、ダメですよ!それに私終電ありますし!」と言いながらも建物内に入り、フロント内の客室パネルまで連れていっていました。

「みなちゃん大丈夫だよ~2時間の休憩だけで終電は余裕で間に合うし~」と言いながら、勝手に部屋を決定しました。

「何やってるんですか!?」と言うと、「みなちゃん、ここだったら誰もいない分だけ彼氏の話をリラックスしながら真剣に聞けるし、いいことでしょ!」と、ここにきて紳士アピール。

 

「これ、キャンセルとかってできないんですか?初めてなので分からなくて…」という台詞が来たので、「一回押しちゃったらキャンセルできないんだ。とりあえず、話聞くだけだし入ろう。」と、嘘っぱちのセリフを言い、納得のいかない彼女は私と一緒に部屋へ向かったのでした。。

かれこれ、この男女のラブホの攻防戦は果たして幾度行ってきたのだろうか。その度に訳わからない言い訳や理由を考える男性と、ただひたすらに否定をする女性。そういえば昔、スイーツパーティーをするからっていう理由でラブホに連れ込んだ知人がいたが、あれは嘘だと思いたい(笑)

 

舞台はいよいよ大詰めです。ベッドに隣同士で座ると、何だかんだでくっつきました。

そこからキスをしようとしましたがどうもダメだったので、試しに電気を消してみることにしました。そしたら、あれ?何かキスしているではないですか!!しかも何だかアグレッシブになってきています。

 

暗闇というのは顔が見えないのもあってか、それだけ理性を外す効果があるんだなと思いました。彼女の体は若いだけあってか肌触りもよく、また声の反応もかなり良い子でした。

暗闇から見える彼女の下着は何となく学生らしい安物感のある素朴な感じのもので、何だか逆にソソりました(笑)また、挿入したときの反応も上々でした。

 

それからは、みなは彼氏と別れて私とラブホでセックス三昧です。

向こうは勝手に付き合っていると思い込んでいるみたいですが、タイミングを見計らって切る予定です。暫くは貴重な大学生セフレを楽しもうと思っています。余談ですが、ラブホが初めてという台詞ですが、決して処女という訳ではなく、一人暮らししている彼氏の家でやってるみたいです。

 

 

改めて、今回うまくいったのは、

「彼氏とうまくいっていない(悩んでいた)」

「強引さが良かった(比較的受け身の相手だった)」

「彼氏がいても諦めない」

だと思います。

 

正直彼氏がいる時点で可能性は低いのですが、今回は彼氏とうまくいっていない悩みを寄り添えたところが、相手との心理的距離が縮まったのではないかなと思いました。

あと、学生位だと、多少強引な方がうまくいきます。