セフレを作る出会い系及びセフレ掲示板攻略法

前回のセフレを作る出会い系及びセフレ掲示板攻略法のつづきです。

こちらも箇条書きで記載しますが、

 

・お堅い仕事をしている人

・うつ病や精神疾患等のメンヘラな人

・収入が不安定、少ないタイプの人

・地方在住者

・女子大(短大)の人

・入社して3年以上経過した人

・理系女子

・顔写真が少な目の人

・低身長

 

等が対象項目です。

 

お堅い仕事をしている人

(看護師・保育士・介護士・教師・弁護士・薬剤師など、「し」の付く職業の人たち)

締め付けが強いせいか、プライベートになるとはっちゃける人が多いです。

それは性に関しても同様でお酒が絡む席になれば、はっちゃけやすくなり、そのままヤレる人も多いかと。

ただし、収入の高い職業になればなるほどプライド高めの人が多く、扱いにくいのがデメリットです。介護士は比較的狙い目です。

 

うつ病や精神疾患等のメンヘラな人

精神的に病んでいる人は構って欲しいのと「私は不幸だ」というのを癒して欲しい人が多いです。

そこの部分を理解してあげれば(フリでも良い)、体の関係に持っていきやすいです。

ただし、メンタル的に弱いせいか依存心が強い傾向が強い上に収入が少なかったり不安定な人が多いので、男性におんぶにだっこする傾向がかなり強いです(専業主婦になって養って貰いたいと言う率が高いのもこのタイプ)。

関係を切るタイミングをミスすると厄介になる確率が高くなるので心得ておいた方が良いです。

 

収入が不安定、少ないタイプの人

男性が結婚したくなるのは「孤独感を感じた時」、女性が結婚したくなるのは「収入に不安を感じた時」と言われています。

収入に不安を感じればその分だけ異性を捕まえようとするので、他の人よりも捕まえやすいです。

非正規労働者、一般事務、自営業、ニートなどが挙げられます。

 

 

地方在住者

都内に比べて出会いが無いからなのか、楽しみが無いからなのか、殺伐としていないからなのかは分かりませんが、狙い目です。

また、割とお酒好きな人も都内に比べて多いです。

お酒を絡んだ席にもっていきやすい上に流れに身を任せやすいところもあるので、多少強引さがあればヤルる確率が高いです。

 

女子大(短大)や女性が多い大学(看護大学など)の人

男性が学校にいない分だけ、他の大学生に比べて可能性は高いです。

状況次第で落とすことが可能なので、まずは相手の心理状況(彼氏が1年以上いなくて寂しい。出会いがなくて辛い等)を伺った上で攻めてみましょう。

 

理系女子

ただでさえ出会いが多いので、わざわざ出会い系を利用する必要はないのですが、それでもわざわざ出会い系を利用するというのは何か理由があってのこと。

非常に外交的であったり色んな人と知り合いたいという考えの人が強い傾向が見られます。軽い感じの子であるのなら狙い目です。

そこそこかわいいとなると注意が必要です。普段から男性の環境にいて半端にモテるあまり自信があるので相手にされないことが多いです。

 

顔写真が少な目な人・分かりにくい人

自分のルックスに自信が無いので、その分だけセフレになる可能性が高いです。

また、写真が分かりにくい分だけ、会ってみると意外といけるというパターンが多かったりします。どちらにせよ自身がない証拠なので、こちら側にマウンティングが取りやすい傾向が高いです。

基本的なメッセージをやり取りし、お酒が絡む席で飲んで押せ押せでいけば高い確率でセフレにすることができます。

 

低身長

低身長であればあるほどセフレになりやすいです。身長が低いというだけで、女性扱いされやすく乙女な部分があるので、受け身な体質が多いです。

また、どうしても背が低ければ低くなるほど男性を見上げ、その分だけ圧迫感を感じます。この身長の圧迫感が「自分は下なんだな」と思い込みやすく、受け身になりやすい心理が働きます。

また、男性も背が低い方が心理的に押しやすい傾向が高いので、そういった理由もあります。

過去に170cm後半のそこそこ綺麗な女性とデートしたことがありますが、何故だか積極果敢に落とそう…とは思わなかったです。

コメントを残す