喘ぎ声がでかすぎたなおみ

埼玉県に住んでいる29歳です。

静岡県は下田市に住んでいるその子は、旅館勤務の24歳なおみ(仮名)。肌が白くて見た目は目が大きくてくりっとしたかわいい子。背は140cm後半と小さくで黒のショートヘア、オシャレでカジュアルな服装をしたマニッシュ・セレクトショップ系で、明るく愛嬌がありながらも暗さをどことなく感じました。

 

知り合ったのは出会い系。

一時的な期間、静岡県の静岡市に転居を伴う転勤をしていたので誰も知らない土地にいて寂しかったのもあり、出会い系やセフレ掲示板に当たってみました。こういう時に出会い系は非常に便利だなと思いました。

 

そんな掲示板で出会ったのが、なおみです。顔写真を観ると、何だか下を向いていてよく分からないというのが印象でした。それ以前に普段都内で出会い系をやっていたせいか、こっちで出会い系を駆使してセフレを探そうとなると、利用者人数が激減していてビックリしました。

また、土地勘が無いので「松崎町に住んでいます」や「沼津・三島・伊豆の国周辺に住んでいる人よろしくー」なんて言われても「一体どこだ!?」というのが率直な感想でした。

 

なおみのメッセージはとにかく早い。基本的にガンガン向こうから連絡をくれるので、凄いなこの子と思いました。また、そうでなくてもどんな話題でも急速に拾って返信してくれるので、マメや気配りを通り越していました。

そんな感じの子だったので、多少放置気味にしていても何度か彼女から連絡が来るので、最初からこちらのマウンティングが上でテンションは低めでありました。それでも、折角知らない土地で知り合うキッカケができたので会ってみたい、ヤリたい欲求は高かったので、会う事にしました。

 

「折角だし飲みに行こうよー」という軽い感じも難なくOK。彼女から「そしたら静岡駅まで行きますね!」と言ってくれたので、ありがたかったです。

というのも、当時私は静岡市駿河区馬淵に住んでいたので、静岡駅が最寄り駅でありました。いや、そもそも駿河区だけでもこれだけ広いとは思っていなかったというのが本音でした。

 

初めて出会ったのが6月中旬で、集合場所は静岡駅です。

 

待ち合わせは19時。場所はカジュアルダイニングバーです。というか、完全に土地勘が無いのでそこしか選べなかったです。「はじめましてー」と彼女から挨拶があったのが最初です。

写真がよく分からなかったのでそこまで期待していなかったものの、パッチリした目に小さな背で可愛らしく身だしなみもしっかりしており、オシャレな着こなしに非常に嬉しかったです。

 

素朴さがあるのがまた東京都内とは違うこういう場所だからなのかは分からなかったですが、とにかく嬉しかったです。最初に話したのが「あれ?荷物少なくない?」と言ったのですが、「荷物ホテルに置いてきたんだ」とのことを言われてビックリしました。

…というのは、下田市からここまで新幹線を使っても2時間以上はかかる上に、終電があっという間に無くなってしまうからとのことでした。静岡県がここまで広いとは思わなかった上に、電車がここまで無かったのは知らずに、「セフレが捕まれば片っ端から」という感覚で県内を何も考えずに狙っていたのが仇となりました。

そんな状況下の中でわざわざホテルまで取って会ってくれるなんて、この子が凄いのか土地柄なのかは分からなかったです。

 

静岡駅北口の方に出ると道が開けて数多くのファッションビルや百貨店やお店が並んでいるので、店探しに苦労することは無かったです。また、東京都内に比べて大きな建物も少なくどことなく雰囲気が良いところが、歩いていても楽しかったです。

店の席について早速一杯目を乾杯。マメで明るく喋る子だったので、こちらから話題を振ることもあまりなかったです。また、転勤で土地勘が全くない私は静岡を知る機会ではあったのでその話題をしていました。

 

そして話題は艶っぽい話へ。「今気になる人はいるの~?」「出会い系で誰かと出会った~」という定番のセリフを突っ込んでみました。

そしたら、どうやらそのことで悩んでいるということでした。これはチャンスと思い、まずはお互いにお酒をおかわりして詳しく聞くことにしました。どうやら社内恋愛しているとのことなのだが、相手は既婚者。

体の関係にはなったものの見込みのない恋愛にどうしようかという話でした。つまり、分かりやすく変換すると「既婚者の男性に遊ばれています」ということになるのだが、どうにも女性は現実と向き合いたくない傾向が強い。

 

ましてや一夜限りでもセックスしてしまうと高確実で好きになってしまう女性のメカニズムは一体どうしたら良いのかとは常々思っていますが、それを逆手に取ってセフレを作っているのは私ですが(笑)

 

しかし、そんな話をしたら優しく心に寄り添うしかない。対面式に座っていたが、さりげなく隣の席に座る。もちろん向こうはビックリしていましたが、これが意外と押しに弱いことが判明し「いいからいいから」と、やや強引に隣に座ったら簡単に座れました。

隣に座ることにより、心理的に相手の距離に近づくので、この効果はでかいです。

それにより、より向こうはその男性(既婚者の遊び人)について詳しく話す。

「車デートするものの、奥さんがいるからって長くはいられなくて…。キスとかしてくれるけど、その後は一緒にいられなくて…。やっぱり私じゃダメなのかなぁ…」。

お前じゃダメだなんて言えない上に、現実見ろなんて口が裂けても言えません。そんな話を聞いて「大丈夫だよ」とさり気なく頭を撫でる。

 

何だかいい雰囲気ではあるものの、まだ時間は21時を回っていない。「ちょっと場所を変えようか」と、その場を後にした。

 

「この流れなら確実いけるだろ!」と思ったものの、念のために2件目に行くことにしました。

道中横になって歩いていたが、彼女の肩を後ろから掴み私の体にもってきたら、何だかいい感じにくっついて歩くことができました。久しぶりに女性の体に触れたのか、いい歳して股間がさりげなく熱かったです(笑)

2件目は居酒屋チェーン。対面式の席でしたが、隣同士座り合ってくっついていました。これと言って何か頼む訳でなく、ただくっついているだけ。「何だかくっついていると安心する」という彼女のセリフに、後はどうやってエロい方向に持って行くかという思考を働かせていました。

 

ここまでいけたのなら、もういけるだろとスキンシップを取ろうと思ったものの、開放的な場所にお客さんはかなり少なく、私たちしかいない位のレベルだったので、「こうなったら彼女が宿泊しているビジネスホテルに行くしかない」と思い、軽く一杯飲んでここの席を離れました。

 

時刻は22時前、そろそろ解散しようという流れになったので「とりあえず送ってくよ」という発言をしました。

その子の家に送る訳でもない上に、最近では割と迷惑なこの行動。もちろん断られましたが、さっきの分析結果で多少ゴリしても平気だってのはリサーチ済みだっていうのは知っていたので、「まぁまぁいいから」なんて言いながらついていきました。「いやいや大丈夫だって」なんて彼女は言いながらも、ふいに相手の手を握って歩くとこれまた手を離さないで歩くじゃないですか。

 

やはり読み通り、押せばいけるタイプだな。先程の弱い部分をさらけ出したのと、押しで隣に座ったのが効果を生みました。静岡県の葵区内を歩くこと5分ほどでビジネスホテルに着きました。

 

比較的綺麗なビジネスホテルに着いて「ありがとうね」なんて言わせません。そのまま強引に上がっていきました。「えーいやいや!」何て言われながらも受け入れている時点でもう問題ありません。そのまま部屋に入りました。

部屋で荷物を置いてハグをします。その後ベッドで寝っころがりながらハグをしていました。「凄く安心する…」なんて言ってましたが、私のアソコが安心していないので、さりげなくキスをしようとしたら拒まれ、ニヤニヤしながら首を横に振りました。

何故こう思ったのか知らないですが、きっと明るいからなんだなと思って電気を消してくっついたら、どうやら正解でした。そこからキスをし、濃厚に絡み合いました。

 

ビックリしたのが、かつてない程アエギ声がでかくて「ああーーーーーん!!!ダメぇーーーーー!!」と、前戯の段階でソレだったのでビックリしました。

 

と、同時にビジネスホテルなのでちょっと隣の部屋に聞こえていないか心配しました(笑)

 

感度は超が付くほど良好。その流れで服を脱がしていったらまぁビックリ、残念なことに下着上下バラバラでした。まぁ仕方ないですよね、そういう時だってあります。

 

乳首を舐め、胸を揉み、下を触り、どれも感度がぶっ飛んでいたので大満足です。

フェラをして早速挿入ということですが、ここはビジネスホテルなので気にせず生で挿入しました。

入れる時に暗闇でもハッキリと分かる位にビックリしたような顔をしてさらに興奮です。

小さな体だったので挿入中に体を抱きしめた時にたまらなくかわいかったのが良かったです。

 

外に射精して、フィニッシュした時に、向こうはもうニヤニヤが止まらない状態でした。

「一緒にいなよ…」なんて言ってましたが、何となく面倒だったので放置して家に帰りました。

こういう時最寄り駅でセックスって最高ですね。面倒と感じてもすぐ帰れるので。

 

それからは向こうがわざわざこっちへ来てくれて私の部屋でセックス三昧です。

静岡県から下田市まで行くのは面倒だということもあり、ご丁寧にも来てくれます。完全にセフレと化していました。

そして一時的な転勤だったので、都内に戻ることができた時、彼女には何も言わずにアパートを後にしました。

品川東京行きの新幹線の中で、「いやぁ~やりまくったしアエギ声うるさかったなぁ~」なんて思っていました。

 

 

改めて、今回うまくいったのは、

「相手が意外と積極的だった」

「弱い部分があった」

「押しに弱い子だった」

「ビジネスホテルに1人で泊まっていた」

です。

 

押しに弱くて弱い部分が垣間見えるのはある意味いけるサインです。

また、帰らなければならない場所が家でなくビジネスホテルとなると、部屋に招きいれるのにもやや開放的になるので、そこをうまく突くことができたのかと思います。

コメントを残す