巨乳のセフレに大満足な私

埼玉県に住んでいる29歳です。

埼玉県は熊谷市に住んでいるその子は、レストランの調理員をしている24歳みさき(仮名)。肌が白くて幼く見えるロリ顔系の人。背は150cm後半位で茶色のセミロング、可愛らしいフェミニンカジュアルなファッションが特徴的でGカップ巨乳の持ち主でした。

 

知り合ったのは出会い系。忙しい時間でも手っ取り早くセフレが作れて便利極まりないのが特徴的です。

 

そんな中、出会い系で知り合ったのがみさきでした。ふんわりとした可愛らしい服装を着ていて、どちらかと言うとロリ顔系の系統かなぁと思いました。こういうふんわりした見た目の子って、意外と押せばいけるタイプだよな思い、すぐさまやり取りにこぎつけました。

 

みさきのメッセージは比較的感じは良く、顔文字や絵文字もマメに使っており文面からしてもかわいい印象が強かったです。自分のキャラを把握しているからなのか?何てことはあまり深く追求しませんでした。

 

ただ一つ気になったのが、アニメや漫画がかなり好きでよく池袋に行くということでした。池袋と言えば確か女子オタクの聖地と呼ばれている場所。もしかしてオタク女子なのかな?なんてことも想像しておりました。

お酒は物凄く飲むタイプではないものの好きであるということで、とりあえず気軽に居酒屋デートが無難だなと思い、「飲みに行こう」という定型文めいた内容を送ると彼女は「いいですよ(*^_^*)」とOKの返事。

 

時々いるのだが、「初めましての1回目に避けた方がいい、1回目のデートはカフェかランチだ!」というかなり硬派な男性がいるのだが、そんな行儀よくカッチリしたやり方だとすぐ他の男に取られてしまう上に、余程会話上手か素敵な店に連れていけるのでなければ何の印象も与えられないで別のライバル(男)に取られてしまう気がするが…と、思ってしまうのだが。と、勝手にぼやいてみました(笑)

 

初めて出会ったのが6月上旬で、集合場所は、埼玉県の大宮駅です。

待ち合わせ時間は18時、デート場所は居酒屋チェーン。

敷居が高くなく、最初に会う人であったらこの位で丁度良いものです。さて、出会って写真と違ったら嫌だな…何て思っていたら、そんなことは無かったです。

 

それよりも、何かオッパイでかくない!?!?ハイウエストのデニムスカートに白のブラウスを着ていたのですが、見た目云々よりでかい胸が異様に気になっていました。想像以上に当たりじゃないかと思ってしまったのです(笑)そもそも出会い系で胸の大きさを自己申告しないですからね。

こちらから聞いてもいいのですが、比較的チャラチャラしている男OKな子なら可能ですが、そうじゃないと聞きにくいものです。

 

居酒屋の席に着いても、気になるのは見た目よりも胸。「オッパイ何カップあるんですか?」なんて聞けないので、ここは邪念を払います(笑)

みさきはお酒が苦手と言っておきながら、一杯目はビールを頼んで美味しそうに飲んでいました。「お酒いけるクチなんだ!」と聞いてみたら、「これ、いける内に入りますか?」と。

 

飲めると言っていてもあまり飲めない子もいたり、逆にそんなに飲めないと言っていても飲めたりす子もいたりで、ホント分からないものだなと思いました。まぁ飲めるのであれば、「2杯目飲んだら3杯目は赤ワインでも頼んじゃいましょうか!」と言ったら、これもいけるクチでした。ここはある意味チャンスではありました。

 

…というのは単純な話、酔えば酔う程そういう流れに持っていきやすいからです

 

ふと雑談中に漫画やアニメが異様に好きなことを話したら、やはりオタクでそれを隠していたとのことでした。隠す必要は決してないと思うのだが…と思ったのは、今セフレ掲示板や出会い系には堂々と「うつ病です」「ニートです」「性同一性障害です」「双極性障害です」などと言ったプロフィールを見かける上に、オタクを許容されている昨今恥じるものではないとは言いたいのですが、コンプレックスや恥ずかしい部分は人それぞれですからね、あえて触れずにいきました。

 

ワインを開け2杯3杯と飲んでいき、テンションも段々と上がっていきました。しかし、イマイチ色恋の艶っぽい感じにならない。元カノの話や恋愛感など、色々話をしてきたのですが、どうも盛り上がったり感情が出てきたりというものは無かったのです。

 

そこで私は、彼女の隣に座り、スキンシップを図ろうと思いました。大体の居酒屋の席は対面式になっているのでどうしても距離感が出てしまいます。そこで、やや強引さはありますが隣に座れば距離感も近くなり、スキンシップやうまいこと異性としての印象付けをすることができるのです。

 

もちろん相手との呼吸を読み合わなければならないので、相手が頑なに嫌がるのであれば止めた方がいいです。隣に座ろうとしたら、そこそこの拒否反応が出ました。そこそこでしたら多少強引に隣に座っても良いかと思い、やや無理な感じで座りました。

 

隣に座って恥ずかしいのかホントに嫌なのかは分かりませんが、拒否反応はありましたが印象付けにはなったかなと思いました。

結論を言うと、どうやら周りに人がいるのが嫌だったみたいです。

 

その後、居酒屋を出たもののそんな色っぽい雰囲気にならず、終電があるからという定石めいた断り台詞を言われてこの場を去りました。ただ、決して悪い感触では無かったので、次にデートの約束をしました。

 

2回目のデートは6月中旬で、集合場所と時間は池袋駅に午前11時です。女子オタクの聖地でアニメイト…ではなく、サンシャイン水族館へ行くことになりました。

2回目に会っても気になるその胸の膨らみ(笑)水族館となると大体お互いの距離が近づいて観るので、比較的自然にくっついて観ることができます。しかも彼女は胸がとにかくでかいので自然と胸が当たるのでした。

でっかいおっぱいが肘や腕に当たって意識がそっちに集中してしまい、何を観たか半分位忘れてしまいました。学生か(笑)

水族館も終わり、昼食を済ませ、時刻は午後2時です。オタクであるみさきはそっちの方向に興味があるのかなと思っていたのですが、特にそういう反応は無かったのでした。

 

久しぶりにカラオケに行きたいとの要望があったので、私もそういえば最近行っていないなと思い、カラオケに行きました。

カラオケは個室で比較的暗い部屋が多いのが特徴的です。まぁ、何かやらかしたくなる気持ちになります。また今回カラオケの部屋は比較的狭いところに案内され、ある意味強引さがあればいける範囲ではないかなと踏みました。

 

でも、せっかくカラオケに行ったのでとりあえず2曲ほど交互に歌いました。その後はこちらからスキンシップ。「えっ!?歌いなよ!」なんて言われたものの、こっちはこの場所でも狩る気マンマンです。

 

肌や頭を触ったりして、軽い抵抗はありつつも徐々に近づけていきます。いきなり胸にいきたい欲求はとりあえず置いといて(笑)そこから緩急をつけて一気にキスをします。

抵抗しながらも受け入れているので、そこからは畳み掛けます。キスをしながらでっかい胸を鷲掴みしました。「やっべ、マジででかい!!」なんて思いながら胸を触り続けました。

もちろん抵抗はされますが、ここまで来たらもう止まらないです。いたるところを触り、お互いにもうとろけていました。

 

一番ガードが固かったアソコの部分もゴリ押しで触ることができ、そこからは向こうはとろけっぱなしです。「挿入しよう」と言うものの、「ここじゃヤダ…」と言ってくるので、そしたら別の場所(ホテル)はどうなのか?ということを聞いたら「それならいい」ということでOKを頂きました。

もうやる気マンマンだったので、早速カラオケを後にしました。

 

時間は午後4時程。池袋はすぐにラブホがあるので見つけやすくてありがたいです。

カラオケを出てちょっと歩いたところに見つけました。

ご休憩でチェックインして部屋に入り、部屋についてから早速プレイスタートです。さっきとはうってかわって抵抗は無し。こちらも攻め込みます。

先程とは違って濃厚なキス、そうなるとやはり胸を鷲掴み。

 

「胸のカップいくつあるの?」という絶対聞きたい質問に、男から散々聞かれてきたのでしょう「えー…Gだよ…」という何だか「またか」という反応。そりゃそうでしょ、おっぱいでかけりゃ気になるでしょと思う前に、G!?とんでもないなその巨乳は!!そりゃ手に収まらない訳だとしみじみと納得した後に、そのままプレイ続行です。

 

服を脱がすと、胸が大きいせいかあまり可愛い感じの下着ではないものの、とてつもない巨乳を目の当たりにさらに興奮。ブラの上から胸を出して再度鷲掴みしました。

 

いやはやでっかい、これだけでっかいとパイズリもできるだろうということで要求してみたら、却下されました。まぁいい、後から要求すればいいことだ。まずはあちらこちらと舐めたり触ろうじゃないかという考えでした。こちらの反応は上々です。

胸がでかくて反応がでかくてロリ顔系で、万々歳です。その後は手マンフェラと続き、早速挿入へ。

 

ギンギンの中に入っていくチンポ。彼女の反応もさらに良くなり、いい感じです。

 

腰を動かす度に揺れる胸がたまらないです。騎乗位をするとまたユッサユッサ揺れるのがよりいいんです。

 

その光景を見ていて興奮度が上がったせいか、イッてしまいました。その後は興奮の流れで第2開戦。

さっきはできなかったパイズリもしてくれて、さらに満足でした。

 

 

それからは、こちらのタイミングで会い、お互いの中間地点のラブホでセックス三昧です。

巨乳のセフレに大満足な私でした。

 

 

改めて今回うまくいったのは、

「暗い部屋の個室に入れた」

「強引さが吉と出た」

でした。

 

イマイチ盛り上がりにかけたものの、状況状況を見極めて攻めると案外うまくいったりするものです。

なので、「ここはいけるだろう」という状況を把握し、攻める姿勢を忘れずにいけたのが良かったのかと思います。もちろん頑なに拒否反応が出るのであれば引くことも大事です。

コメントを残す