東京都に住んでいる28歳です。

東京都は江戸川区に住んでいるその子は、介護士の25歳さき(仮名)。肌が白くて大きな眼をした子。背は160cm中盤位ので黒のセミロング、セレクトショップが好きでカジュアルなファッションを身にまとったおっとりとした人でした。

 

現在私は品位のある大人オシャレスポット神楽坂(新宿区)に住んでいます。和と洋が繰り出す街、神楽坂。「神楽坂に住んでいる」というだけで周囲の女性は興味を覚える程で、それだけ好立地に住んでいます。

そんな場所で一人暮らしをしていたら、やはり女遊びにはかどります。「セフレが欲しい」と。

ここでお世話になるのが出会い系。

神楽坂パワーではないですが、その場所に住んでいるというだけでより一層女性を落とせる自信があり、セフレ掲示板、出会い系と片っ端から攻めました。

 

そんな中、出会い系で知り合ったのがさきでした。プロフィールの全身写真が特徴的で、写真からでも分かるスタイルの持ち主なのだなと思いました。

 

さきのメッセージはとにかくマメで気配りもしっかりとしていました。やり取り自体にとりわけ不満は感じなかったですが、これと言った盛り上がりもなかったのが正直な印象でした。

ただ折角やり取りしているのであれば誘いたい。折角神楽坂に住んでいるのであればその場所でデートをしたい。ということで、「神楽坂においしいお店があるんだけどランチにどう?」と、誘いました。さきはこれをすんなりオーケーし、「神楽坂オシャレ!楽しみにしている!」とのメッセージが来ました。

やはり女性はオシャレで感度が高いところが好きなのだとつくづく思いました。

 

初めて出会ったのが5月下旬。温かい気温の中で待ち合わせしたのは、神楽坂駅…ではなく、飯田橋駅。

実を言うと、飯田橋駅と神楽坂駅は隣同士。また、飯田橋駅から神楽坂商店街という開けた道になっており、その周辺には様々なレストラン・カフェ・割烹・和食などが並んでいるのです。そして、飯田橋駅から大通り商店街をまっすぐ歩いていくと神楽坂駅にぶつかりますが、この道だけでも既に華やか。商店街から外れれば石畳のある風情な街並み。お散歩デートにはもってこいの場所です。

少し前置きが長くなりましたが、待ち合わせは12時。丁度お昼時のランチの時間帯です。

この時間帯に狙ったのは、普段1万2万平気で飛んでいってしまうような割烹でも、1500円~2000円でリーズナブルに食事が楽しめるからです。

昼の時間帯でも活気があり賑わっている神楽坂で見つけた彼女は、写真通りのスタイルの良さと、艶のある綺麗な黒髪をなびかせていました。上は白のふんわりとしたチュニックで下はチノパンとカジュアルな服装でした。事前に「散策するから歩きやすい靴で来て」とのことを伝えていたので、コンバースのスニーカーで来ていました。

 

早速腹ごしらえ。ランチ1500円で割烹が楽しめるその店は、洗練された空間もあってか彼女もご満悦。綺麗な見た目と品のある味付けのご飯を頂き、お互いに大満足。会話はそれ程多くはなかったものの、趣味の話・雑談とまぁ至って普通。

会話こそ盛り上がりにかけたものの、場所と空間とご飯が良かったお蔭で満足そうな表情でした。

食事が終わり、神楽坂の街を散策しました。時刻は午後1時。明るい日差しの中でムードある恋愛トークというのはどうにも入ることができず、神社を巡り、細い道や石畳を歩き、洒落た街並みを歩いていました。

 

一通り歩き終えて切り出したのはこの台詞でした。「いきつけのワイン屋さんでおいしいワイン買ったんだけど家で一緒に飲まない?ランブルスコワインって言って、赤ワインなんだけど、スパークリングで甘くてすっごく飲みやすくて美味しいんだ!ワイン苦手な人でも簡単に飲めてしまうんだ!」。

そうです、これを口実に家に誘うということです。折角神楽坂に住んでいて、神楽坂でデートしているのであれば、家に誘いたいものです(直訳すると、セックスしたいものです(笑))

ましてやランブルスコ。もしかしたら馴染の無い方もいるかと思いますが、発泡のイタリア産赤ワインで渋みも苦味も控えめ、その中でも甘口はお酒が苦手な女子には非常にウケの良いワインなのです。

 

聞いたことないワインを家で飲もうなんて通常では警戒心が働く可能性がありますが、場所が良かったのか歩き疲れたからなのかは分かりませんが、すんなり彼女は「いいよ!」と言ってくれました。

 

午後の3時過ぎ。まだまだ明るい宵の時間帯に家へと連れ込みました。インテリアにも多少拘っていることもあってか、彼女の反応は割と良かったです。早速ワインとグラスを用意して乾杯。「うん、赤なのに飲みやすい!」そう言われると心の中で「ニヤリ」と思いました。

 

折角家に上がりこんだのだから、やることとしたらアルファベット3文字。「SEX」です(笑)

とはいえ、いくら家に上がり込んでも時間帯的な理由と初対面という理由も含め、いきなりすんなり…は難しいので、ちょっとずつ体を触ってみることにしました。

まずは距離を近づけてみる。うむ、問題無さそうです。次に肩に触れてみて、これも問題無さそう。腕・手と触って行くと、やや抵抗がありました。どうやらこの先を崩すのに時間がかかりそうだ、意外とガードが硬いのだなという感想でした。

 

とは言うもの、走り出したら止まらないのが男の性です(笑)ちょっとずつ触ってみました。手を握ること自体は問題無さそうです。時間をかけて、軽い雑談を交えてちょっとずつ。

時間を掛けたお蔭か、ほっぺたを触るのも問題無くなってきたみたいです。頭を撫でて顔を触り、それも抵抗が無くなってきていました。では顔を近づけるのはどうだ?ちょっと拒否反応、そしたらまた前の部分からやり直しです。頭を撫でたりほっぺを触ったり、「肌が綺麗だね」と褒めたりします。

そうしていくと、さっきはダメだった顔を近づけるのは問題無くなっているのです。ここまで来たら、今度は緩急を付けて一気に唇と唇を重ね合います。彼女は2~3秒程目を瞑っていたものの、拒否されました。でもさっきと違うのが、さきの目が少しトローンとしていたのです。こうなったらいける可能性が高くなります。

 

拒否されながらも目がトローンとなっているのであれば、手をほっぺたに当てて、ゆっくり近づいて、間隔を取りながらキスをします。キスの流れも、最初はフレンチキスからで段々とディープキスに繋げる形を取りました。

それがうまくいったのか、ディープキス成功です。そこから彼女の両方の手と手を握り締め、より濃厚にしました。そこで言われたのが「セフレにはならないからね」と。

 

おいおい、出会い系で出会っておいて、セフレにはならないって矛盾していませんか?と思いましたが、彼女なりの予防線なのでしょう。

しかし、そんな事はお構いなく、状況次第で彼女の思考はすぐ急転できるから何の問題もありません。

 

ディープキスがOKなら今度は胸を触るのはどうだ?軽く抵抗しながらも、ここはキスしながら少し強引に。後は体を手で触っていくうちに、彼女の目がどんどん垂れてきていました。

時間がかかったが、ようやく五合目といったところ。服を脱がせようとしたものの、かなり抵抗があったので、今度は服に手を突っ込んでダイレクトに触りました。服を脱がすという正攻法を取るべき行動を取らず、あえて違う攻め方をして、ガードを崩したのです。

 

正直抵抗はしているのですが彼女の脳内もだいぶトローンとしていたので、意外とうまくいきました。

 

今までの傾向で服を脱がすのはNGとなると、挿入まで繋げる「手マン」がどうやら最難関のようです。

ましてや彼女はズボンを履いているので、この流れで手マンまでいくには割と難しいです。しかし、もうこうなった以上止められないので、ズボンに手を突っ込んでいくと、彼女に手首を掴まれました。

やっぱりそうですよねー(笑)

で、終われないので、ここは多少強引に攻めました。今回ばかりは意外にもガードが固い。

しかしここで私の手を緩めたら折角の苦労が水の泡です。ここは勝負所、彼女の手を緩めたらこちらの勝ち。そして緩めた瞬間に指を入れました。漏れる息遣いとアエギ声、そして長時間の前戯もあってか十分過ぎる程濡れたアソコは、相手が欲しいとさせるまでゆっくり丁寧に触り続けました。

経験上優しく手マンができれば、大体の女性は欲しがります

「欲しい?」と確認したら「欲しい…」と言ってきたので、もうそこからは容易に彼女の服を脱がすことができました。

 

5月下旬の夕暮れ時、長時間の前戯もあってかお互いの体は汗をかき、興奮度は非常に高い状態でした。挿入した反応はなかなか良く、それ以上によくイク子で、その度に体を震わせていました。

 

興奮度がお互いに高かったので、非常に濃厚なエッチをすることができました。

苦労した甲斐があっただけ、非常に満足度の高いセックスになりました。

 

そこからは、彼女がわざわざ家まで来てくれて、専らおうちデートでひたすらセックスしまくりでした(ある意味本番アリの無料デリヘル嬢(笑))。

一度やってしまえばこっちのもの。

簡単にはいかなかったものの、その後セフレ状態になれたというのは大きかったと思っています。

 

 

改めて、今回うまくいったのは、

「住んでいる場所とデート場所が好立地」

「メッセージのやり取りに盛り上がりが無くても誘ってみた」

「家に誘う口実は、女性がソソるもの」

「相手の呼吸を読み、どこまで攻めて良いか(触れていいか)、どこで一気に攻めるか」

でした。

 

反省点として、

「昼間に会うのはもしかしたらタブーかも」

だと思います。

 

良い立地に住んでいるというだけで、かなりの確率で家に連れて来れるのではないでしょうか。

それだけオシャレ、高級感、感度の高いものと場所というのは女性を惹きつけるのだなと思いました。また、相手の呼吸を読むのは攻め落とす上では非常に重要なポイントです。

性欲むき出しで落としに行っても、相手の許せるゾーンを大幅に超えてしまうので、じっくりどこまで行けるのか(触れられるのか)を読み取るのは大事だと思います。理想は相手の許せるゾーンをちょっとだけ超える位だと思います。

 

反省点の「昼間に会う」というのは、どうもムードが弱いので、最初からやる気マンマンな相手や何となく心理的にかみ合っているのでしたら問題無いのですが、今回のような女性相手になると、その流れに持ち込むのに時間がかかる気がしました。

電気を消しても部屋はまだまだ明るい…なんて、攻める材料としては欠ける気がしました。